家庭用脱毛器の安全性と危険性!トラブルを回避してツルスベ肌になろう

家庭用脱毛器の安全性と危険性!トラブルを回避してツルスベ肌になろう

家庭用の脱毛器の安全性はどの程度なのでしょうか。家庭用の脱毛器といえども、正しい使い方をしなければ肌トラブルが起こります。正しい使い方を知って、安全にツルツルの肌を手に入れましょう。

家庭用脱毛器をリスクなしで使いたい!

家庭用脱毛器を安全に使いたいのであれば、正しい使い方を知っておく必要があります。

家庭用脱毛器は脱毛サロンなどで使う医療用の脱毛器よりも出力は低く抑えられていますが、誤った使い方で使うと肌などのトラブルを招きかねません。

正しい使い方で脱毛器を使って、ツルツルすべすべのなめらか肌を手に入れましょう!

【種類別】家庭用脱毛器の安全性と危険性

家庭用脱毛器にはどのような特徴があるのでしょうか。安全性や危険性についてお伝えします。

レーザー式脱毛器

レーザーを肌に当てて毛根にダメージを与え脱毛するタイプの脱毛器です。

安全性

家庭用のレーザー式脱毛器は、医療用のレーザー式脱毛器よりも威力は抑えてあります。医師や看護師などの専門家でなくても、安全に使うことが可能です。

危険性

威力はそれなりにあるので、毛が濃い部分、皮膚が薄い部分、骨に近い部分などはかなりの痛みを伴うことがあります。

感じ方は人それぞれですので、一概には言えませんが、痛いかも知れないという覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

また色が濃い部分に照射レベルを調整せずに照射すると、火傷などの炎症を起こす可能性もあるので注意が必要です。

フラッシュ式脱毛器

光を照射して毛根にダメージを与えるタイプの脱毛器です。

安全性

レーザー式の脱毛器よりも痛みが少ない傾向があります。脱毛効果はレーザー式よりも劣りますが、肌へのダメージが少ないのはメリットです。

危険性

強い光を何度も照射するのでサングラスを着用する方が安心です。黒い色に反応して照射するので、ほくろやシミなどがあると火傷の危険性があります。

サーミコン式脱毛器

熱でムダ毛を焼ききって除毛するタイプの脱毛器です。

ムダ毛を焼ききるときの熱で毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得るとのことですが、脱毛効果が得られるスピードはかなりゆっくりめです。

安全性

熱でムダ毛を焼いて切るので、日焼けやほくろなど、メラニン色素が濃い部分の火傷を心配しなくても大丈夫です。また熱処理は肌から離れたところで行われるので、熱さはあまり感じません。

危険性

凹凸がある部分や狭い部分を処理するときに、熱線が肌に当たって火傷してしまうこともあります。またサーミコン式の脱毛器は脱毛がほとんどできず、除毛が主な機能です。

高周波式脱毛器

脱毛器に挟まれた毛が高周波により振動することで、毛根周辺がダメージを受け、毛が抜けるという仕組みの脱毛器です。

安全性

レーザーやフラッシュのように、色が濃い部分や毛が太い部分に使っても火傷などの心配が少なくなっています。

危険性

高周波でダメージを与えるので、肌荒れする危険があります。また一本ずつ脱毛するので手間がかかり、広範囲の脱毛をしたい場合は不自然な姿勢を続けなくてはいけないことも。

家庭用脱毛器で起こり得る肌トラブル

家庭用脱毛器でも使い方を誤ると肌トラブルが起こります。どのようなトラブルが多いのかご紹介します。

主な肌トラブルと対処法

家庭用の脱毛器で起こる主なトラブルは火傷、かぶれ、埋没毛、毛嚢炎などです。以下にこれらのトラブルの対処法をご紹介します。

火傷

色の濃い部分に誤って高出力で照射してしまった場合に起こりやすい症状です。炎症を起こした部分を氷水にひたしたガーゼや流水で冷やします。

10分以上冷やしても腫れや痛みが引かないようなら、脱毛器や説明書を持って皮膚科を受診しましょう。

かぶれ

かゆみや乾燥を伴ったかぶれは、色素沈着につながりかねません。かぶれを治療するような市販薬を塗っても症状が治まらない場合は、皮膚科を受診してください。

埋没毛

埋没毛とは皮膚の下で毛がとぐろを巻いたりして、表面に出てこられなくなる現象です。毛穴の近くが炎症を起こしてかさぶたになり、毛穴がふさがった結果、埋没毛が発生します。

埋没毛が出来てしまったら無理に掘り出したり、皮膚を傷つけたりせずに、ボディスクラブやピーリングでケアするようにしましょう。

毛嚢炎

毛嚢炎は毛穴に細菌が入り炎症を起こすことで起こる症状です。痛みや痒みが少なく範囲が狭い場合は、自然に治癒することが多く、しばらく様子見でも良いかも知れません。

しかし痛みや痒みがあり、広範囲にわたって毛嚢炎が起こっている場合は、皮膚科での治療が必要になるので受診するようにしてください。

がんになるってホント?

レーザー式やフラッシュ式の脱毛の場合、強い光が皮膚に当たることでがんになってしまうのではないかという心配をされる方がいます。

しかしレーザー式やフラッシュ式の脱毛で使う光は赤外線です。皮膚がんを引き起こすとされているのは紫外線なので、基本的にレーザー式やフラッシュ式の脱毛でがんになることは考えにくいのです。

ただし皮膚の炎症が進んでがんになる可能性はまったくのゼロではないので、脱毛する際は皮膚が炎症を起こさないよう対策を取る必要はあるかもしれません。

家庭用脱毛器の安全性を高めるための注意

家庭用脱毛器を安全に使うために取りたい対策などを紹介します。

日焼けしているときは使用しない

日焼けをしていると、レーザーやフラッシュは毛根以外にも反応してしまいます。日焼けで肌の色が黒くなっているときは、脱毛器を使うのを控えておく方が安心です。

レーザー式やフラッシュ式の脱毛器は肌の色が落ち着いてきてから使うようにしましょう。

ほくろや痣はシールで隠す

ほくろや痣は通常の肌よりも色が濃いので、脱毛器に反応してしまいます。強い光で炎症を起こしてしまうので、色が濃い部分はシールで保護してから脱毛するようにしてください。

脱毛中はサングラスで目を保護する

フラッシュ式の脱毛器は強い光を何度も照射します。

強い光が目に入ることで、目の組織を傷つけ、頭痛、斜視、白内障などの症状が出ることも。また最悪の場合失明に繋がることもあるので注意が必要です。

フラッシュ式の脱毛器を使う場合は必ずサングラスで目を保護しながら行ってください。

脱毛する部位に合わせた照射レベルにする

部位によって皮膚の厚さは異なります。

顔や脇などは皮膚が薄く刺激を受けやすい部分です。。

これらの場所に脱毛器を使う場合は、照射レベルを少なめにしてから使うようにしてください。

照射前後は肌を冷やす

照射前後に保冷剤で肌を冷やすことも大切です。

レーザーを照射する前に冷やすことで、照射後に過剰に熱が伝わることを防ぎます。また照射後に冷やすことで、レーザーによる炎症を抑えることが可能です。

アフターケアをしっかりする

脱毛した後の肌は乾燥しやすく、また肌荒れしやすくなっており、紫外線にも敏感になっています。

脱毛後は肌を清潔にして、保湿やUVケアをしっかりするようにしましょう。

おすすめの家庭用脱毛器

おすすめの家庭用脱毛器を3つ後紹介していきます。

評価の良い家庭用脱毛器3選

ユーザーの口コミ等を総合的に見た結果、評価が良くおすすめの脱毛器はケノン、トリア、シルクエキスパートの3つです。

ケノン

ケノンはフラッシュ式の脱毛器です。広い範囲を連続照射可能なので、短時間で広い面積を脱毛できます。

  • 効果:2週間に1回程度繰り返して行うことで、徐々にムダ毛が薄くなり3ヶ月程度で効果を実感できるようになります。
  • 価格:69,800円

(中略)美顔器と脱毛を交互に2週間空けて使ってます。脱毛の方は、断然生えるの遅くなります!美顔器のほうは、化粧水の浸透力が違います!

(引用元:cosme.net )

(中略)指から肘にかけての部位の脱毛は月2~3回の照射ペースで、約半年かかりました。

(引用元:cosme.net )

(中略)細い毛なら三度の照射で生えなくなりました。部位で言うと、指の毛です。1月の末に購入して、2週間に1度の照射間隔ですが、脇もほぼほぼ生えてこなくなりました。

(引用元:cosme.net )

部位にもよりますが、2週間に1度の処理で効果が実感できるようですね。

トリア

トリアはレーザー式の脱毛器です。フラッシュ式の脱毛器よりも一度で照射できる範囲は狭いですが、出力が高いので脱毛効果が出るのが早いというメリットがあります。

  • 効果:2週間に1度照射することで3ヶ月後には効果を実感できます。
  • 価格:54,800円

効果は確実にありますが、照射範囲が狭すぎて全身ツルツルにするのは相当根気がいります。笑(中略)

(引用元:cosme.net )

(中略)短期でツルツルにはなりませんが、根気よく使ってたらほんとに剛毛だったのが嘘の様です。でもとにかく痛いので、最初は冷やしながらで、1とか2とかで。だんだん、毛が薄くなり、今では5でも冷却無しでバシバシうてます。

(引用元:cosme.net )

(中略)アイスノンでよくよく冷やしても、痛いです。毛根の焦げた匂いもするし、効いてるんだと思いますが…。レベル5で使用してますが針で刺されるような…クリニックで受けたレーザーの痛みと同じです。

(引用元:cosme.net )

効果はあるようですが、照射範囲が狭いのと照射時の痛みが大変そうではあります。

シルクエキスパート

フラッシュ式の脱毛器です。肌の色に合わせて自動で出力レベルを調整してくれます。顔や全身にも使える脱毛器です。

  • 効果:週1回の利用で3ヶ月後には効果を実感できます。
  • 価格:59,800円

場所によってはそこそこ痛いけれど、面倒ながらも保冷剤をあてた後に照射すれば痛くありません。2〜3ヶ月真面目に週一で照射していたら、それまで毎日必要だった毛剃りが週一の照射前だけで良くなりました。(中略)

(引用元:amazon.co.jp )

ほんとに毛が薄くなり、生えてくるペースが遅くなります。ほとんど、生えてこないかなーくらいまでいけます!

(引用元:amazon.co.jp )

(中略)普段は剃っても一日でチクチク生えてきてたので、スカート履こう、あ、でも足が…とか、ノースリーブ着よう、あ、でも脇が…とかしょっちゅうでしたが、そんなのがなくなってかなり気が楽。

(引用元:cosme.net )

ブラウンから発売されているせいか男性の利用者の方が多かったです。脱毛もやりやすいようですね。

脱毛器について一覧ページで詳しく調べる

使い方に注意して安全な脱毛をしよう

家庭用脱毛器は使い方さえ間違えなければ、エステに行く手間も省けて便利なツールです。

ただし誤った使い方をすると、火傷やかぶれ、埋没毛などの原因になってしまいます。またフラッシュ式の脱毛器の場合は、光が目に入ると最悪失明の危険性もあるほどです。

家庭用脱毛器を正しく使って、ツルツルのお肌を手に入れましょう!