脱毛器で埋没毛ができたらどうする?適切な対策で埋もれ毛を撃退

脱毛器で埋没毛ができたらどうする?適切な対策で埋もれ毛を撃退

脱毛器で処理をすると、うもれ毛とも呼ばれる埋没毛ができてしまうことがあります。脱毛器の使い方を間違えるとこの埋没毛が大量にできてしまうこともあり注意が必要です。今回は埋没毛ができない脱毛器の正しい使い方をご紹介します。

脱毛後の埋もれ毛をなんとかしたい!

脱毛器を使った後に大量に埋没毛ができてしまうことがあります。

埋没毛とは、別名を「うもれ毛」ともいい、皮膚の中から毛が顔を出さない状態のこと。皮膚の中でとぐろを巻いてしまうこともあり、大量にできると見た目が悪くなってしまいます。

埋没毛は脱毛器を間違った使い方で使うとできることが多いので注意が必要です。今回は埋没網を治す方法のほかにも、埋没毛ができない脱毛器の使い方をご紹介します。

脱毛器でできた埋没毛を治す方法

脱毛器を使った後にできた埋没毛を治す方法はこちらです。

ピーリングジェルで毛を出す

ピーリングジェルを使って埋没毛にふたをしている角質を溶かして、毛を表面に出す方法があります。

ボディスクラブで毛を出す

ボディスクラブで角質を除去することで、埋没毛のふたになっている皮膚をどかし毛を出す方法もあります。

クリームによる保湿で毛を出す

埋没毛は放置しても大きな健康被害はありません。放っておいても自然に毛が顔を出すようになるのですが、なるべく早く毛を出したい場合は尿素配合のクリームで保湿ケアを行うといいでしょう。

尿素には、角質を溶解する作用があるためです。

効果を出すには毎日こまめに保湿をすることが大切です。

急ぎの処理はピンセット

保湿ケアやスクラブなどを行って毛が自然に出るのを待てない場合は、ピンセットで埋没毛をひっぱり出すという方法も。

ただしこの方法は、健康な皮膚を傷つけてしまう可能性もあるので、できれば避けたい方法です。

どうしてもすぐに埋没毛を処理したいときは、ピンセットはよく消毒してから使うようにしてください。

またピンセットで引き出した毛は抜かずに電気シェーバーで剃りましょう。毛抜きをすると引き抜いたときに傷ついた組織が角質化し、再び埋没毛になる可能性があります。

 

埋没毛による肌トラブルと対処法

埋没毛ができたことで起こる肌トラブルへの対処法をご紹介します。

毛嚢炎

埋没毛の部分にしこりができたり、痛みや痒みといった症状が出ることがあります。毛嚢炎ができてしまったら清潔にして、保湿を心がけるようにしてください。

局所的な症状であれば自然と治っていきますが、広い範囲に毛嚢炎が発生したり、痛みや痒み、赤みなどが数日たっても引かない場合は、皮膚科を受診した方が安心です。

ニキビ

毛穴に傷がつくことで炎症を起こし、ニキビになってしまうことがあります。毛嚢炎と同じく患部を清潔にして、乾燥しないように保湿を心がけてください。

膿を持ってくるとニキビをつぶしたくなりますが、無理につぶそうとせずに肌ケアを続けることで治癒を目指しましょう。

無理にニキビをつぶしたりひっかいたりすると、埋没毛を繰り返しやすくなりますし、色素沈着が起こってしまうこともあるので注意が必要です。

そもそもなぜ脱毛器で埋没毛ができるの?

脱毛後になぜ埋没毛が多くできてしまうのでしょうか。

埋没毛ができる原因

毛を抜くタイプの脱毛器を使うと、埋没毛が多くできる傾向があります。

例えば、パナソニックのソイエは毛を抜くタイプの脱毛器ですが、使い方を間違えると埋没毛が大量に発生する可能性があるので注意が必要です。

こうした脱毛器は、毛を引き抜くとき、強い力で引っ張るので、毛根周辺の皮膚組織を傷つけてしまうことが多いのです。皮膚組織が修復するとき、誤って毛穴を埋めてしまい、埋没毛になることが知られています。

埋没毛ができやすい部位は?

埋没毛になりやすい部位の特徴として、毛が生えている方向がバラバラ、毛が太いというものがあります。

足や腕には太い毛が多く、毛抜きなどで脱毛すると毛穴が傷つき埋没毛になりやすく注意が必要です。脇やVラインは毛が太い陰毛であるとともに、毛が生えている方向がバラバラなので、かみそりで深く剃ったり毛を抜いたりすると埋没毛が発生しやくなります。

脱毛器で埋没毛を作らせない方法

脱毛器を使っても埋没毛ができにくくする方法をご紹介します。

適した脱毛器選び

毛を抜くタイプの脱毛器を使って埋没毛が多くできてしまうなら、脱毛する方法が異なる脱毛器を選ぶといいかもしれません。

毛を抜くタイプ以外の脱毛器には、光で脱毛するフラッシュ式のものとレーザーで脱毛するレーザー式のものがあります。そのほか毛を挟んで超音波振動を与え、脱毛するタイプのものも。

どのタイプの脱毛器がいいのかは、体質や脱毛にかけられる時間によっても異なりますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

脱毛前の処理方法に注意する

脱毛器で処理をする前に脱毛する部位の毛を剃っておくと、少ない肌ダメージで、効率的に脱毛することができます。

脱毛器で処理するのに適した毛の長さは、肌から1~2ミリ程度顔を出している状態です。前日に剃ることで脱毛器で処理するのに適した長さにすることができます。

また毛を剃るときは、カミソリよりも電気シェーバーがおすすめ。かみそりで剃ると逆剃りや深剃りをしてしまう危険があり、電気シェーバーで剃るよりも肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

脱毛後はしっかり冷却と保湿をする

脱毛処理は肌や毛穴にダメージを与えます。脱毛後の肌は炎症を起こしやすくなっているので、保冷剤でしっかりと冷やしながら処理をしていくことが大切です。

また肌ダメージは保冷剤で冷却しただけではケアしきれませんので、乾燥防止に保湿ケアも怠らないようにしてください。

ターンオーバーを正常に保つ

肌の健康を保つためには、規則正しい生活や栄養バランスの良い食事など、生活習慣を整えることも大切です。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、傷ついた肌を含めた身体の組織を修復します。食事から摂った栄養は組織の修復に欠かせません。

また日常的に強いストレスを感じていると、肌のターンオーバーが乱れることがあります。健やかな肌に保つためには、規則正しい生活、食事、そしてストレスの少ない生活を心がけるといいでしょう。

脱毛器の豆知識に関する一覧ページを見る

埋没毛になりにくい家庭用脱毛器

埋没毛が起こりにくいタイプのおすすめ家庭用脱毛器をご紹介します。

おすすめ脱毛器3選

埋没毛をできにくくするにはフラッシュ式、レーザー式の脱毛器の使用がおすすめです。

ケノン

ケノンはフラッシュ式の脱毛器です。照射範囲が広く、連続照射が可能なので比較的短時間で脱毛処理することができます。

  • 効果:2週間に1回の処理で3ヵ月後に効果を実感できる
  • 価格:69,800円

ケノンの口コミ

(中略)照射範囲が広いのでワキは1度に3回、ビキニラインは5回くらいの照射でOKです。保湿しないと肌がピリピリすることがあるので、ボディトリはしっかりとやった方が良いです。

(引用元:cosme.net )

(中略)指から肘にかけての部位の脱毛は月2~3回の照射ペースで、約半年かかりました。

(引用元:cosme.net )

(中略)美顔器と脱毛を交互に2週間空けて使ってます。脱毛の方は、断然生えるの遅くなります!美顔器のほうは、化粧水の浸透力が違います!

(引用元:cosme.net )

毛の生えてくるスピードが遅くなる効果があるようです。ただし保湿しないとヒリヒリすることもあるとのこと。

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート

ブラウンのフラッシュ式脱毛器。肌の色に合わせて自動で照射レベルを調整してくれるので、初心者にも使いやすい脱毛器です。

  • 効果:2週間に1回の処理で3ヵ月後に効果を実感できる
  • 価格:33,300円

シルクエキスパートの口コミ

(中略)2〜3ヶ月真面目に週一で照射していたら、それまで毎日必要だった毛剃りが週一の照射前だけで良くなりました。

(引用元:amazon.co.jp )

(中略)まだ数回の使用ですが、デリケートゾーン周りの濃い毛は薄くなってきました。

(引用元:amazon.co.jp )

まだ3回ほどしか使用していませんが、目に見えるほどの変化がでました!確実に毛が薄くなったしお手入れの回数が減りました。

(引用元:cosme.net )

数回の処理で効果を実感できるようです。濃い毛には特に効果を感じやすいそう。

トリア パーソナルレーザー脱毛器4x

レーザー式の脱毛器です。照射範囲はフラッシュ式よりも狭いですが、脱毛するパワーがフラッシュ式よりも強く、より脱毛効果を感じやすい作りになっています。

  • 効果:2週間に1回の処理で3ヵ月後に効果を実感できる
  • 価格:54,800円

トリアの口コミ

効果は確実にありますが、照射範囲が狭すぎて全身ツルツルにするのは相当根気がいります。笑私は挫折して使わなくなりました…(中略)

(引用元:cosme.net )

短期でツルツルにはなりませんが、根気よく使ってたらほんとに剛毛だったのが嘘の様です。でもとにかく痛いので、最初は冷やしながらで、1とか2とかで。

(引用元:cosme.net )

効果はありました。主に足や腕、Vラインに使いましたが、毛の濃かったところはほとんど生えてこなくなりました。照射口が小さいので、足の親指をやる時などは使いやすかった。スネなどの広い範囲は本当に大変でした。

(引用元:amazon.co.jp )

照射範囲が狭い、痛いというのがネックのようですが、脱毛効果は高いようです。

埋没毛を作らない脱毛をしよう

脱毛するときに毛穴や毛穴周辺の皮膚を傷つけると、埋没毛が発生しやすくなります。

特に毛を引き抜くタイプの脱毛器は、毛穴周辺を傷つけやすいので埋没毛が多くできる傾向が。埋没毛を作らないためには、毛穴や肌をなるべく傷つけない方法で脱毛し、脱毛処理した後は冷却や保湿をこまめに行うことが大切です。

埋没毛が多くできやすい方にはフラッシュ式やレーザー式の脱毛器がおすすめ。自分に合った脱毛器を正しい使用法で使い、ツルツルのお肌を手に入れましょう!