脱毛器ケノンはアトピー肌にも使える?敏感な肌の脱毛方法や注意点を調査

脱毛器ケノンはアトピー肌にも使える?敏感な肌の脱毛方法や注意点を調査

アトピー肌に脱毛器は使えるのでしょうか。脱毛器は肌に負担になることがあるのでアトピーがある肌へ使うのは不安です。今回は脱毛器ケノンを例に、アトピー肌の人が脱毛器を使うときの方法や注意点をお伝えしていきます。

アトピー性皮膚炎だけど脱毛したい!

アトピー肌に脱毛器での脱毛は可能なのでしょうか。

アトピー肌は少しの刺激でも肌荒れを起こしやすい肌。脱毛器での脱毛は肌への負担がそれなりにあるので、アトピー肌にはあまりおすすめできません。

それでも脱毛したい場合は、注意しておきたいいくつかのポイントがあります。今回はアトピー肌に脱毛器を使うときの注意点や、脱毛方法をご紹介していきます。

アトピー肌で脱毛器ケノンを試した人の口コミ

アトピー肌でケノンを使った人の口コミをご紹介します。

悪い口コミ

(中略)商品に関する注意事項や規約が後からもの凄い量で送られてきたので、初めて使う時は怖くて戸惑いました。

(引用元:rakuten.co.jp )

(中略)レベルを3~4でやっても赤くなりました。

(引用元:rakuten.co.jp )

(中略)腕にはレベル8で当てたところクラゲに刺されたよーなボコボコした蕁麻疹が全面に出てしまいました。かなり痒いです。

(引用元:rakuten.co.jp )

説明書やホームページが不安。赤みや火傷が出るといった口コミがあります。

良い口コミ

(中略)痕は残らなかったですが、初心者はレベル3くらいがいいと思います。

(引用元:cosme.net )

(中略)すぐにしっかり冷やして…という風に使っていますが、特にトラブルはありません。

(引用元:cosme.net )

(中略)結論から言うと、まだ3回しか使用してないですが、効果を実感してます!

(引用元:cosme.net )

肌への負担を感じない人は効果を実感しやすいようです。

アトピーの人もケノンで脱毛して大丈夫なの?

アトピー肌にケノンで脱毛処理しても問題ないのか調べてみました。

ケノンの会社はおすすめしていない…

ケノンの製造会社としては、ステロイドを長期間使っている人やアトピーなどで皮膚疾患がある人の使用はすすめていません。アトピー肌、ステロイド長期使用の人は自己責任で使っている人が多いようです。

ケノンをどうしても使いたい場合は、皮膚科で相談してから使うようにすると安心です。症状によっては止められることもあるかもしれませんが医師の判断に従うようにしましょう。

脱毛したいけど自分でやるのは不安だという人は、脱毛サロンや医療脱毛などでの脱毛がおすすめです。特に肌が弱いアトピー肌の人は医療脱毛を利用すると、肌の性質に合った脱毛を提案してくれるので安心して脱毛することができます。

アトピーの人がケノンで脱毛する際の注意

アトピー肌の人がケノンを使うときの注意点をご説明します。

ステロイド剤を使用しているときはNG

ステロイド剤を使用しているとき、または長期使用した経験がある場合は、ケノンの使用はおすすめできません。

ステロイドを使っているところに脱毛できない主な理由は以下です。

感染症の危険性

ステロイドを塗った肌は感染症を起こしやすくなっています。脱毛で負担をかけることで皮膚の炎症が起こる可能性があります。

色素沈着や火傷の危険性

ステロイドは光を吸収しやすい性質があるため、ステロイドを使った肌に脱毛すると色素沈着や火傷を起こしてしまうことも。

多毛作用があり効果を感じにくい

ステロイドには多毛の効果があるので、脱毛の効果が得にくいでしょう。

脱毛前にパッチテストをする

アトピー肌や敏感肌などで肌への刺激に弱い人は、使う前に目立たない場所でパッチテストを行うといいでしょう。

パッチテストの方法は、ケノンを使う24時間前にレベル1で照射し、肌に影響がないかを確認します。

肌の状態が良い部位に使用する

肌が炎症を起こしていたり、傷になっている場所には使用しない方がいいでしょう。またかさぶたになっている部分は色が濃くなっているため、火傷の危険性があります。

照射するのは肌の状態がいい場所のみにしておくようにしましょう。

低いレベルで照射する

肌が敏感な人は、まずは低い照射レベルで脱毛するようにしてください。効果があまりなく肌への刺激も問題ないようでしたら、肌への負担を確認しながら少しずつレベルを上げていくようにしましょう。

アトピーによる色素沈着部分には照射しない

アトピーの炎症の跡が色素沈着している部分に照射すると、火傷を起こす可能性があります。色素沈着などで周囲よりも色が濃くなっている部分は避けて照射するようにしてください。

脱毛後の肌をしっかりケアする

脱毛前後に保冷剤などでしっかりと冷却をすることも大切です。こまめに冷やすことで炎症が起きにくくなります。

また脱毛後の肌は乾燥しやすい状態です。保湿クリームなどをこまめに塗るなどしてスキンケアを欠かさないようにしてください。

脱毛器の豆知識を調べてみる

脱毛器ケノンをおさらい

脱毛器のケノンの情報をおさらいします。

ケノンの特徴と効果

ケノンは光で脱毛するフラッシュ式脱毛器です。また脱毛器だけでなく顔用のカートリッジを使うことでで美顔器としても使用することができます。

家庭で使用する脱毛器なので、自分の好きな時間に好きな場所で脱毛が可能。サロンのように通ったり予約したりといった面倒がありません。

ケノンが使用できる部位

照射レベルは10段階あり、顔やVIOなどほぼ全身に使用できます。ただし目の周りや粘膜部分には使用できませんので注意してください。

またケノンは男性のヒゲにも使用することができます。ただし男性のヒゲはサロンや医療脱毛でも炎症を起こすことがあるので、様子を見ながら慎重に脱毛するようにしてください。

ケノンをお得に購入する方法

ケノンの価格は2018年4月10日現在、公式、楽天、Amazonのすべてで69,800円で販売しています。

公式サイトおよび楽天やYahoo!ではキャンペーンを開催していることも多いので、お得に購入したい場合は公式サイト、楽天、Yahoo!をこまめにチェックするといいでしょう。

中古品のケノンも販売されていますが、中古の場合壊れている可能性や不衛生といった理由があるので購入はおすすめできません。

そのほか付属のカートリッジによっても使える機能が異なるので、目的に合ったカートリッジを購入してください。

ケノンのカートリッジは以下の種類があります。

プレミアム

寿命が長く全身の脱毛に利用できます。

ラージ

脇や手足など部分使いにちょうど良い照射範囲です。

エクストララージ

お腹や背中など、広範囲の使用に適しています。

ストロング

ヒゲなど毛が濃くて高い照射レベルが必要な部位に向いています。

美顔スキンケア

フォトフェイシャル用のカートリッジです。美顔器として使いたい場合は必要です。

肌に異常を感じたら脱毛器の使用はやめよう

脱毛器の使用は肌への負担になることがほとんどです。肌への刺激に敏感なアトピー肌の場合、脱毛器の使用でトラブルが発生する可能性も。

もしも脱毛器を使うのであれば、肌への負担を少なくする方法で行い、保湿などのスキンケアも欠かさないようにしましょう。

照射レベルを低くするなど、注意をしても肌が荒れる場合は、使用をすぐに中止してください。また肌トラブルが治らないようなら、皮膚科を受診しましょう。